名古屋にある設計事務所の作品集
名古屋の設計事務所 才本設計 トップページへ
サイトマップ個人情報保護方針お問い合せ
住まいの考え方
作品
家つくりに関して
私たちの紹介
お問い合せ
ブログ
住宅
集合住宅
オフィス
診療所
高齢者施設
店舗・その他

前の住宅作品へ住宅作品 トップへ次の住宅作品へ

 

東三河の中核都市の丘陵地帯に位置する住宅地。 敷地は設計の依頼を受けた時にはすでに造成工事が完了していて、地下駐車場、擁壁及びアプローチ階段があり、その階段を上がったところに住宅を計画するという条件である。 敷地は全面道路より5mほど高く、道路からのプライバシーが守られているという利点をいかし、アプローチ階段を上がったところにコートを作り、それを取り巻くように主要な部屋を配した。コートは光に満たされ、風が抜けて、ヤマボウシにより気持ちよく、しかも適度に囲まれて気遣いのない空間となり、屋外のリビングルームの役割を果たすことが出来た。また、たこのコートとダイニングキッチンは同じタイルで仕上げ、段差なしで行き来でき(バリアフリー)、しかもサッシは3本引き込み扉で3.3mほどの全幅が開放でき、コートとダイニングキッチンが一体空間とすることが出来た。クライアント夫妻の理想の住まい像と、私どもの考えている住まい作りがぴったりとフィットしました。コートハウス、中庭住宅

完成写真

 

外観 地下駐車場は既存構築物
外観夕景
コートからダイニングキッチンを見る。 コートは南に開き、陽射しが明るく風が抜ける。シンボルツリーはヤマボウシ。
コート夕景  
ダイニングキッチン、サッシを全開にするとコートと一体になる。 ダイニングキッチンから正面のリビング( 向かって右 )と洗面化粧室( 左 )を見る。
リビングからコートやダイニングキッチンを見る。 洗面化粧室と浴室、床には段差はない。

 ・ 設計主旨

 ・ 立面図

 ・ 断面図

 

お問合せ

建築設計事務所 才本設計 トップページへ

住 宅 | 集合住宅 | 診療所 | 事務所 | 高齢者施設 | 店 舗  | コートハウス | リフォーム | プロジェクト