家つくりに関して
名古屋 建築設計事務所 才本設計 トップへ
サイトマップ個人情報保護方針お問い合せ
住まいの考え方
作品
家つくりに関して
お問い合せ
ブログ
建築相談
設計の流れ
住まい手の声
バリアフリー
リフォーム
プロジェクト
20代30代の家づくり キッチン&サニタリー 住まいの灯り 太陽光発電    
 
20代・30代僕たちの家づくり
 

 

20代・30代になって

家庭では出産、子どものこと、親のこと、また仕事でも大きな岐路があるのが20代・30代。

これからの生活をどんな風に描いていこうかと考え始める時期です。

そして、「家はどうする?」 賃貸? 分譲マンション? 一戸建て?

「お金は?」 いくらかかるの? ローンは? 頭金は? 返済は?・・・・。

 

家について真剣に考え始めるのも20代・30代だと思います。

 

私たちは、これまで20代・30代の若い家族の住まいをいくつも手掛けてきました、

中には、設計中に新しい家族が増えたこともありました。

そんな、まだまだこれから変化をしていく、若い家族の住まいつくりに心掛けてきた事と、

私たちと一緒に20代・30代で家づくりをされた方々の住まいを、参考にしていただければと思います。

 

 

 1.コンパクトな家づくり

 

 ●夫婦と子どもで4人という家族の場合、延べ床面積にすると30坪〜35坪程度に抑えます。

 

 ●価格にすると2000万円前後から。予算をかけるところと抑えるところのメリハリをはっきりつけます。

 

 ●予算を抑えられないところもあります、それは地盤や基礎に関する部分です。

  土地によって地盤や基礎にかかる費用も変わって来ますので、土地選びから設計事務所にご相談ください。

 

 ●間取りはなるべく壁で仕切らず、必要なときに建具などで自由に部屋の大きさを変え、

  コンパクトでも広々と生活できるようにしたいです。

 

 ●子育て世代は奥さまに一番負担がかかります。家事動線をシンプルでコンパクトに

  そのことが省スペースにつながり少しでも家事の負担を減らすことができます。

 

 ●設備機器は程々のグレードに。設備機器はどんどん進化して便利になっています。しかし本当に必要な機能は

  ごくわずかです。あれこれスペックを比べると高いグレードのものがよく見えてしまいますが、

  コストにメリハリが付けやすい部分でもありますので慎重に選びましょう。

 

 

 2.心地よさを求め、デザインにはこだわりたい

 

 ●それでも自分らしい住まいを実現できます。そして、こだわりには優先順位を付けて実現する。

  設計事務所での家づくりでは、一つ一つ選択していきますので、優先順位やメリハリが付けやすいです。

 

 ●光や風は住まいにとって一番大切な要素ですのでしっかり考えましょう。

  私たちの家づくりでは、居心地の良さを求めてさまざまな工夫を提案していきます。

  

 ●すっきりした住まいの実現には、収納が大切です。

  20代・30代はまだまだ物も少ない方が多いですが、これから増える一方でしょう。現状の把握と今後の検討を一緒にしま

  しょう。

 

 

 3.家づくりを楽しむ

 

 ●家づくりは人生のもっとも大きなイベントのひとつです、一緒にこだわりの家づくりを楽しみましょう。

 

 ●自分でつくる、セルフビルドも楽しいですね。外部のウッドデッキを自分で作られた方も見えます!

 

 ●自分で出来ることは自分で。建物が完成した後の、家屋登記を自ら手続きされた奥さまもおります。

 

 

 4.将来のこと

 

 ●バリアフリー。まだまだ考えたこともないでしょうが、いずれは誰しも老います。

  世代を問わずバリアフリーは私たちのテーマでもありますので要望がなくとも、

  永く住まうことの出来る家づくりを目指します。

 

 

 5. 20代・30代の家づくり作品集
 

 

 

吉良町のコートハウス

123456

  トンネルハウス

1234

  木漏れ日の家

12345

 

 

 

小さな敷地の立体都市住宅

1234

  池端町の家    

12345

  うなぎの寝床のコートハウス    

1234

       
春日井の家

1234

  大森八竜の家

1234

   

 

 

才本設計アトリエ

住 宅 | 集合住宅 | 診療所 | 事務所 | 高齢者施設 | 店 舗  | コートハウス | リフォーム | プロジェクト