家つくりに関して
名古屋 建築設計事務所 才本設計 トップへ
サイトマップ個人情報保護方針お問い合せ
住まいの考え方
作品
家つくりに関して
お問い合せ
ブログ
建築相談
設計の流れ
住まい手の声
バリアフリー
リフォーム
プロジェクト
20代30代の家づくり キッチン&サニタリー 住まいの灯り 太陽光発電    
キッチン&サニタリー特集 名古屋設計事務所、オーダーキッチンの写真

キッチン&サニタリー -快適な住いを支えるキッチン&サニタリー-

住いの中でもっとも機能的な部分であるのが、キッチンとサニタリーです。

従来は裏舞台ともいえるスペースでしたが、多様な価値観やライフスタイルから

さまざまなタイプのスタイルが生まれています。

 

 

 

case1.ハンドメイドタイルを使ったセミクローズキッチン


ハンドメイドタイルを使ったセミクローズキッチンの平面図

家事動線を短くしながら回遊性もあり、収納力を確保した合理的な平面計画とした。

来客時にもパントリーや裏動線をうまく使いお客さまをもてなすことができ平時でもきれいにキッチンを保つことができる。

ハンドメイドタイルや飾り棚、間接照明を設え立体的に空間をつくり、雰囲気のある居心地の良い生活の場となった。


 

キッチン 折りたたみテーブル ウォールナット

必要に応じてテーブルを使うことが出来きる。また特徴あるウォールナットの木目を選びデザインのアクセントとしている。

奥のダイニングスペースとはアクセントウォールにて、ゆるやかに分かれている。

 

 

キッチン ハンドメイドタイル 

ベースの色をホワイトに統一し、対面のカウンターキッチンの天板と側面をチョコブラウン色としアクセントとした。

ハンドメイドタイルを壁面側のキッチン全面の壁に貼ダイニングとつながりを持たせた。

新しいキッチンだが、ハンドメイドタイルを貼ることによて以前から存在していたかのような佇まいのキッチンになった。

 

 

ダイニング 間接照明 アクセントウォール 飾り棚 の写真

ダイニングテーブル横の壁にはハンドメイドタイルを貼りアクセントウォールとし、テーブル上にはイタリア製ののFOSCARIN社

のCABOCHEを選んだ。

ダイニングスペースは、斜め天井や間接照明を施し飾り棚を設え楽しい雰囲気となった。


キッチン詳細図 工夫した箇所

キッチン&サニタリーページへ戻る

 

 


才本設計アトリエ

住 宅 | 集合住宅 | 診療所 | 事務所 | 高齢者施設 | 店 舗  | コートハウス | リフォーム | プロジェクト