サイトマップ個人情報保護方針お問い合せ
住まいの考え方
作品
家つくりに関して
私たちの紹介
お問い合せ
ブログ
建築相談
設計の流れ
住まい手の声
バリアフリー
リフォーム
プロジェクト
20代30代の家づくり キッチン&サニタリー      
 

 

   
               

 

 

 

 

 

四季の豊かさと共に暮らす生活

この住まいは13年前に竣工したお住まいです。
敷地の高低差を利用し、玄関から半階上がったところにリビングを設け、さらに半階上がったところにダイニング、もう半階上がった所にオープンな個室スペースを設けています。
リビングとダイニングと個室スペースの三つのレベルのフロアは吹き抜けで繋がっており、ワンルーム空間となっています。

今回訪問の際にご夫人が言っておられたことが印象的でした。「この家はどこに居ても、南、東、北、三方の窓が見えることにより、四季毎に微妙に変化する太陽の光、外の景色、北側の中学校の桜や風など日本の四季の豊かさを感じさせてくれます。また、満月の時は台所の窓の正面に月の出が見られ、驚きました。」と喜んでおられました。
設計をさせて頂いた私共にとって、この上ない喜びでした。

 

 

 

珪藻土は経年変化が少ない素材

内装壁に使った珪藻土は13年経ってもまったく変化がなく、しっかりと生活を包んでくれていました。その存在感は年を経て、ますます堂々としていました。外壁の褪色もほとんどありません。

 

 

 

自然体の生活

夏の昼間は窓を開放し風を通し、クーラーは使用しないとのことでした。これには建築的な工夫があります。風の入口と出口を造ることは勿論ですが、もう一つは吹き抜けの最上部に窓を設け、上部に溜まった熱を排出出来る構造としています。夜になると、窓は閉めるため、クーラーを使用されているとのこと。冬になると、床暖のみで補助暖房は使用しないので少し寒いと感じるときは重ね着をして生活をされるとのことでした。

 

 

 

お客様の生活の知恵

上記の生活スタイルは、お客様がなるべく自然に負荷をかけないように、自然と自分たちの生活の折り合いをつけられているとのことです。その結果として、自然とともに豊かな生活が出来ることになります。
生活を自然から切り離し、住居の中だけに人口的な快適空間をつくることも出来ます。しかし、このお住まいのように自然と共に暮らし、自然の豊かさを享受する生活は、今後さらに見直されることでしょう。そして、そんな生活が可能な建築的な工夫がますます重要になるでしょう。

 

 

 

 

 

断面図

 
 

 

 

才本設計アトリエ

住 宅 | 集合住宅 | 診療所 | 事務所 | 高齢者施設 | 店 舗  | コートハウス | リフォーム | プロジェクト