家つくりに関して
名古屋 建築設計事務所 才本設計 トップへ
サイトマップ個人情報保護方針お問い合せ
住まいの考え方
作品
家つくりに関して
お問い合せ
ブログ
建築相談
設計の流れ
住まい手の声
バリアフリー
リフォーム
プロジェクト
20代30代の家づくり キッチン&サニタリー 住まいの灯り 太陽光発電    
 
リフォーム(増築・改築)設計事務所のリフォーム

 

専門家がいないリフォーム業者に依頼するのは考えもの

ただのリフォームだからといって安易にリフォーム業者に依頼するのは危険です。

私どもが目指すのは、建築設計・施工のプロがかかわる安全、安価、安心なリフォームです。

この道のプロ集団が、住まいのリフォームを包括的にとらえて、機能・用途・動線などの使い勝手、

建築構造、建築法規、建築施工、コストなどを全般にわたり検討し最良の案を提案し、

工事監理をおこないます。

詳細は以下の事例にて紹介いたします。

 

木造耐震のリフォーム   丸太梁のある家   茶屋ケ坂のリフォーム   小牧のリフォーム
RCのリフォーム   蔵のある母屋のリフォーム        
民家再生   一宮の民家再生        

 

木造住宅の耐震診断とリフォーム  市町村の補助金の対象となります

近い将来かなり高い率で東海、東南海、南海の3連動地震が起こると考えられています。

それに備えるための耐震リフォームをお薦めします。

現在、木造住宅の耐震リフォームは市町村の補助金の対象となります。

補助金を受けるプロセスを概略お話しましょう。

 

@まずは自分の家の強さを知ることが大切です。

 市町村を通じて無料の「耐震診断」をしてもらいましょう。

 そして判定値が1未満であれば耐震リフォームが必要です。

 (このことが補助金を受ける条件となります。詳しくは市町村に問い合わせをしてください。)

 

A耐震補強を検討し、改めて耐震強度を算出します。この段階で市町村と事前協議が必要です。

 

B事前協議がまとまったら市町村に申請します。

 

C着工時には着工届を提出し、耐震補強完了後、市町村の中間検査を受けます。

 

D工事が完了したら、完了実績報告書を提出して、補助金の請求です。

 平成23年度、今年度(平成24年度)は最大で90万円が補助されます。

 

バリアフリーのためのリフォーム

私どもは設計事務所創設以来、バリアフリー住宅の普及活動に関与し、社会活動にも参加しています。

住宅におけるバリア(障害物)は個人の日常生活動作(ADL)の能力によりそれぞれ異なります。

また、今後ADLがどう変化していくかを見極める必要もあります。

こんなときは、私どものネットワークで作業療法士や理学療法士など医療分野の専門家と相談できる体制を持っています。

 

 

設計事務所 才本設計アトリエ 電話番号

建築設計事務所への建築相談

 

才本設計アトリエ

住 宅 | 集合住宅 | 診療所 | 事務所 | 高齢者施設 | 店 舗  | コートハウス | リフォーム | プロジェクト