家つくりに関して 建築相談 設計の流れ バリアフリー知恵袋
名古屋 愛知 建築設計事務所 才本設計 トップへ
サイトマップ個人情報保護方針お問い合せ
住まいの考え方
作品
家つくりに関して
私たちの紹介
お問い合せ
ブログ
建築相談
設計の流れ
住まい手の声
バリアフリー
リーフォーム
プロジェクト
20代30代の家づくり キッチン&サニタリー      
 
バリアフリー知恵袋 設計事例
 
自立の為のバリアフリー住宅 水無瀬の家のバリアフリーノウハウ紹介
 

バリアフリー知恵袋 バリアフリー住宅基本概要

バリアフリー知恵袋 バリアフリー住宅全体計画について
バリアフリー知恵袋 バリアフリー住宅キッチンについて
バリアフリー知恵袋 バリアフリー住宅出入口について
バリアフリー知恵袋 バリアフリー住宅 浴室について
バリアフリー知恵袋 バリアフリー住宅コンセントの高さについて

 

1.バリアフリー住宅 基本概要について

バリアフリー知恵袋 バリアフリー住宅設計事例

家族構成:夫婦/夫、妻とも30代後半

対象者状況:妻:慢性間接リウマチ。段差のない平面では歩行は自力で可能であるが、階段等の段差がある場合は介助が必要である。手指には変形や関節の痛みにより力が出せず調理等の家事作業に困難が伴う。

問題点:慢性間接リウマチの障害は日により運動機能状況に変化があり、また今後加齢による運動機能の低下が考えられる。現在の日常生活の工夫とともに、将来の車椅子生活を想定した配慮が必要である。

バリアフリー知恵袋 最初へ戻る
ポイント:現在の日常生活改善維持を重視し、キッチンのほか浴室、便所等の水周りを工夫した。そして将来の車椅子を使用した生活も念頭においた。建物は2階建てであるが、障害者の日常生活の動き、生活移動範囲を考えてエレベーターを利用した。

 

 

2.バリアフリー住宅全体計画について

バリアフリー知恵袋 設計事例

 

 

外部の特徴

建物は2階建で1階には夫婦が働く工場が、2階には住宅がある。また敷地は南側と北側の二面が道路に接し、両道路の高低差を利用し、工場は1階南道路から、住宅は2階北側道路からアプローチする。 

バリアフリー知恵袋 最初へ戻る

バリアフリー知恵袋 バリアフリー住宅設計事例

内部の特徴

キッチンが広くゆったりと使えるように、また妻が夫と常にコミュニケーションが取れるようにオープンキッチンとしたことである。キッチンはダイニング・リビングを一体空間で計画されている。ガスコンロの排気にはグリーンハイキを使用し、オープン性を高めている。

 

 

 

 

3.バリアフリー住宅キッチンについて

バリアフリー知恵袋 バリアフリー住宅設計事例

 

■水栓は図のようにA,B2個設け、Aは一般の洗浄用。Bは鍋などに湯水を入れるためのもので、流し台の上に鍋を置いて湯水を入れてからガラスコンロの方へ引きずっている移動させる。そのため移動しやすいように、コンロの五徳(ごとく)天端と流し台の高さはあわせてある。また水洗Bは操作レバーが遠いため、流し台エプロンにプッシュ式スイッチを設け。
バリアフリー知恵袋 最初へ戻る

バリアフリー知恵袋 バリアフリー住宅設計事例

 

■流し台とガス台の下部は将来の車椅子生活に対応できるようオープンとした。
 

バリアフリー知恵袋 バリアフリー住宅設計事例 キッチン

 

■車椅子生活となった時は巾木を一部カットして作業台高さを低くする。
 

バリアフリー知恵袋 バリアフリー住宅設計事例 キッチン

 

■ガスコンロのスイッチは、回転式は使用できないのでプッシュ式スイッチを採用した。

■流し台の上に鍋を置いて湯水を入れてからガラスコンロの方へ引きずっている移動させる。そのため移動しやすいように、コンロの五徳(ごとく)天端と流し台の高さはあわせてある。

 

バリアフリー知恵袋 バリアフリー住宅設計事例キッチン

■冷蔵庫は冷蔵室と冷凍室が左右に並ぶタイプで選び、使いやすいようにH=60cmの台の上に載せた。

■収納は夫人の手の届く範囲が限られ、下は床から69cmから上は136cmまである。その範囲に主な収納家具を設けた。

 

 

 

 

4.バリアフリー住宅部屋の出入口について

バリアフリー知恵袋 設計事例
■主な出入口はハンガー式の引き戸とした。軽く操作できるうえ、沓摺がないためスムーズに移動でくる。
バリアフリー知恵袋 最初へ戻る

 

 

5.バリアフリー住宅浴室について

バリアフリー知恵袋 バリアフリー住宅設計事例

 

■夫人はこの浴室を椅子に腰をかけて使用する。洗面器台や水栓の高さはその椅子を基準に考えられている。

■浴槽のエプロンの高さは500oとし立ち上がりやすい寸法した。

■浴槽は深さ600oの和式のものを使用。肩までたっぷりとお湯につかるために市販品で最も深いものを使用した。

バリアフリー知恵袋 最初へ戻る

 

バリアフリー知恵袋 バリアフリー住宅設計事例  
■入口ドアはハンガー式の引き戸として、内外の床高を同レベルとし、しかも水が外へ出ないよう扉の下に排水溝を設けた

 

 

 

6.バリアフリー住宅コンセントの高さについて

バリアフリー知恵袋 バリアフリー住宅設計事例
■夫人コンセントを使用する時、通常高さ(H=300o)では低すぎる。夫人がよく使用するコンセントはH=1000o
バリアフリー知恵袋 最初へ戻る
 

名古屋の建築設計事務所 才本設計アトリエ 電話番号 

建築設計事務所への建築相談

 

 

才本設計アトリエ

住 宅 | 集合住宅 | 診療所 | 事務所 | 高齢者施設 | 店 舗  | コートハウス | リフォーム | プロジェクト